子供の誕生に伴って学資保険の必要性を検討しました。

子供が生まれるにあたり、漠然と学資保険が必要なのではと考え、以前からお世話になっているほけんの窓口へ行きました。

今までにこのほけんの窓口で私の生命保険の見直し、生命保険、医療保険、がん保険の加入を行ってきましたので、基本情報は伝わっており、この度子供が生まれましたと談笑からスタート。

そもそも学資保険はなんなのかというお話から始まりました。

子供の成長とともにかかる教育費。

小中高大学の他にも習い事や通学にかかるお金、家を出て一人暮らしする時に必要な金額などを一緒に検討していきました。

そこから学資保険による積立の必要性を十分に理解し、学資保険の加入を検討しました。

もっともお金のかかるのが大学入学時で私立か公立で違いがあるものの、入学金授業料、引越し、一人暮らしの家賃や仕送りと、お金がいくらあっても足りません。

ついで高校入学時ですが、これも入学金と授業料でまあまあかかります。

私は大学入学時を目標に18年で満期を迎えるようにと、決め、保険会社の選択にうつりました。

東京の私立大学を想定しておけば、ほかどこの大学に行っても資金は足りるかと言う計算です。

ほけんの窓口の担当から進められたのは、学資保険と名のついた商品と、もう1つ貯蓄型の生命保険を勧められました。

会社によっては満期を18年で設定することが出来、貯蓄性も学資保険より高く、万が一死亡した時は多額の保険金がおります。

そして、生命保険ですので満期を迎えなくても貯蓄してきた金額の一部を現金化することが出来る点も融通が効くので、自分に合っていると考えました。

掛金は月々の保険料(希望の金額)から逆算してくれて、そこから万が一の保証金額も算出してくれたので、とても理解しやすく、納得した形で契約が出来ました。

個人で保険を調べて加入する方法では、この生命保険を使っての教育費の貯蓄の案は出せなかったので、ますますほけんの窓口に感謝です。

この学資保険用の生命保険ですが、私は前もって家族を支えるに十分な生命保険に加入しているので、妻の名義で生命保険に入ってもらいました。

妻は結婚後、妊娠前に医療保険と、がん保険に加入していましたが生命保険には加入していなかったので、期間限定ですが、妻の万が一の保険が用意出来て良かったと思います。

学資保険を用意し、更には教育費用に貯蓄をして行こうと考えていますが、願わくば、高校も大学も公立に行ってくれると助かるなぁ、というのが本音です。

家族の入院をきっかけに自分も見直した保険です。

家族が病気になりこんなに医療費がかかるとはおもいませんでした。

何度も入退院を繰り返すことになり、そのたびに入院費用や転院のための費用などなどとても自分たちの生活費からは出し切れないということを身に染みて体験しました。

そんなとき保険にはいっていたので本当に助かりました。

入るときは知り合いからすすめられてなんとなく入った保険で掛金も高くなんのためにお金をかけているんだろうと思っていましたが、今回こういう体験をしてそんな考えを持っていたことが恥ずかしくなりました。

おかげさまで保険に助けてもらい、安心して治療をうけることができました。

もし、保険に入っていなかったらと思うと恐ろしくさえなります。

ということで、今度は自分のことも見直すことにしました。

今の自分に何が必要だろうと思ったときに、医療保険はすでに入っていたので大丈夫ということにして、自分に万一のことがあったとき、子どもたちにお金をいくらかでも残したいと思いました。

世の中なんといってもお金だと思います。

お金がなければ何もできません。

少しでも困らないように贈り物のつもりで、と思いました。

が、手厚い保障は掛金が高くて、今の自分たちの生活にも支障をきたしそうでしたので、掛金が安くてある程度の保障のものをと探しました。

何社も見積もりをとり、電話をかけ、定期保険にしぼりました。

10年すると掛金が上がるシステムのタイプはその上がる率も計算して申し込みました。

健康だと掛金が安くなるタイプだったので自信があったものに申し込んだのですが、その数か月前に受けた健康診断を提出しなくてはならず、問題はなかったのですが、一か所指摘をされたことがあって、それで契約ができませんでした。

別のところは無事に審査に通り、今は安心して暮らしています。

次は、子どもが20歳になるにあたりジュニア保険からの切り替えと傷害保険を検討しています。

まだ2年くらいあるのでじっくり考えたいと思うと同時に、子どもたちにも保険の重要性をしっかり話したいと思っています。

今まで保険は人任せ、言われるがまますすめられるがままに契約していましたが、今回意を決してしっかり自分で見直したところ、人生設計をきちんとする必要性があることや健康を維持していく必要性があることを勉強しました。

もう少し専門家の方にアドバイスをもらったほうがよかったかなとも思っています。

ライフステージごとにもしっかりと見直しをして、気軽に専門家にも相談していきたいと思います。

家族が病気になりこんなに医療費がかかるとはおもいませんでした。

何度も入退院を繰り返すことになり、そのたびに入院費用や転院のための費用などなどとても自分たちの生活費からは出し切れないということを身に染みて体験しました。

そんなとき保険にはいっていたので本当に助かりました。

入るときは知り合いからすすめられてなんとなく入った保険で掛金も高くなんのためにお金をかけているんだろうと思っていましたが、今回こういう体験をしてそんな考えを持っていたことが恥ずかしくなりました。

おかげさまで保険に助けてもらい、安心して治療をうけることができました。

もし、保険に入っていなかったらと思うと恐ろしくさえなります。

ということで、今度は自分のことも見直すことにしました。

今の自分に何が必要だろうと思ったときに、医療保険はすでに入っていたので大丈夫ということにして、自分に万一のことがあったとき、子どもたちにお金をいくらかでも残したいと思いました。

世の中なんといってもお金だと思います。

お金がなければ何もできません。

少しでも困らないように贈り物のつもりで、と思いました。

が、手厚い保障は掛金が高くて、今の自分たちの生活にも支障をきたしそうでしたので、掛金が安くてある程度の保障のものをと探しました。

何社も見積もりをとり、電話をかけ、定期保険にしぼりました。

10年すると掛金が上がるシステムのタイプはその上がる率も計算して申し込みました。

健康だと掛金が安くなるタイプだったので自信があったものに申し込んだのですが、その数か月前に受けた健康診断を提出しなくてはならず、問題はなかったのですが、一か所指摘をされたことがあって、それで契約ができませんでした。

別のところは無事に審査に通り、今は安心して暮らしています。

次は、子どもが20歳になるにあたりジュニア保険からの切り替えと傷害保険を検討しています。

まだ2年くらいあるのでじっくり考えたいと思うと同時に、子どもたちにも保険の重要性をしっかり話したいと思っています。

今まで保険は人任せ、言われるがまますすめられるがままに契約していましたが、今回意を決してしっかり自分で見直したところ、人生設計をきちんとする必要性があることや健康を維持していく必要性があることを勉強しました。

もう少し専門家の方にアドバイスをもらったほうがよかったかなとも思っています。

ライフステージごとにもしっかりと見直しをして、気軽に専門家にも相談していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です