万が一の病気や怪我の際の入院に安心、医療保険の大切さ

世の中には様々な保険があります。

残された家族のための死亡保障を充実させてもの、貯蓄を良い形でするためのものなどなど色々な種類の保険があります。

長寿時代になっており、医療が進化している昨今では、一生涯のうちに必ず入院することになるでしょう。

ここで、ご紹介する保険は、そんな私たちが病気や怪我で入院してしまった際の保険についてのお話です。

皆さんのほとんどが国民健康保険などに加入していることでしょう。

風邪などをひいて病院に通った際には、通院をするわけですが、全額負担ではなく、年齢や特別な条件がない限りは、3割負担のお金で医療を受けることができます。

しかし、入院となるとどうでしょう。

3割負担となった際でも高額なお金がかかってしまいます。

例えば、差額ベッド代、入院した際には大部屋から個室まで様々ですが、入院する部屋によって料金もまちまちです。

また、保険適用外の治療を受ける可能性もあります。

日本人の死因で常に上位にランキングされる「がん」などを患ってしまった場合は、「高度先進医療」や「重粒子線治療」または、高額な化学療法を受けることもあるかもしれません。

ところで入院するとだいたい日額いくらくらいかかると思いますか?場合によりますが、だいたい1万円くらいだとされています。

医療が進歩し、よほどの病気でなければ、長い入院をすることはありませんが、やはり、い1日にい1万円以上かかってしまうと、その他にも診察費、薬、点滴、または、家族がお見舞いに来るための交通費など、挙げればきりがないほど入院にはお金がかかります。

さらに、入院時に手術をすることになれば、多額な手術費もかかりますので、自己負担額も膨大なものになります。

そこで、特に若いうちの健康な時に入っておくべき保険として、「医療保険」をお勧めします。病気を患ってしまってからですと、加入できる保険に制限が出てきてしまい、保険料も割高で制限のあるものばかりになってしまいます。

健康なうちにしか条件の良い医療保険には加入できません。

申込時に「告知」というものをし、審査が行われ、加入できるかどうか決まるからです。

大病を患ってしまった後には、条件の良い医療保険にはこの告知の部分で申告し、審査落ちをしてしまうことが多々あるのです。

ですから、健康なうちに、万が一の入院に備え、医療保険に加入することが大切です。

特に、月々の掛け金を抑えるのであれば、掛け捨てタイプの非常に安価な保険に加入することが良いでしょう。

出産時に決めた生命保険加入の体験談とそのあとの生活

第一子出産直前に保険を見直そうということになり、保険の窓口のようなところに行こうと思いましたが、夫の所有する車のディーラーがいいファイナンシャルプランナーを紹介してくれるということで、自宅に来ていただきました。

その方は西日本で売り上げナンバーワンという凄腕FCで、ひととおりサンプル持参でやってきました。

夫の生命保険と医療保険。妻(わたし)の生命保険と医療保険。

それから生まれてくる長男のための学資保険かわりの夫名義の生命保険。

その方は、いまの主流は銀行ではなく保険会社で貯金すること、父親だけでなく母親も死んだあとにいくらか残せるほうがいいということ、その会社には学資保険がなかったのでそのかわりになる小さめの生命保険に入っておくことを説明されました。

その方の説明はそつなく的を得ていたし、さらに検討できるほど保険のことがわかっていなかったので、彼の言うとおりにサンプルごと契約しました。

その後他の保険会社の方と知り合うことがあり、現在加入中の保険をみていただいたところ、貯蓄性があるにしても月々の掛け金が大きいと指摘されました。

「契約書にサインするとき、御主人手が震えたやろなー」とまで言われてしまいました。

しかし、その当時そこそこ収入もあり掛け金がそんなに高いとも思わず、きっと夫もサインするとき手が震えてたなんてことはなかったと思います。

わたしたち家族には長男が無事生まれましたが、子供が一歳になる少し前にわたしがガンに罹患したり流産で手術を受けたりで、いままでに支払った掛け金以上に給付金をいただいて、さらにわたしの生命保険の掛け金が免除になりました。

なので、今のところ黒字(笑)ではありますが、その後夫が体調を崩して休職のあと退職し、収入減の今掛け金の負担が重くのし掛かっています。

今考えると西日本で売り上げナンバーワンな凄腕ファイナンシャルプランナーというのは、本当に消費者の立場にたって契約を薦めた人なのか、それともあの手この手でいろんな美味しいことばを並べては契約させてきた「プロ」だったのかよくわからないです。

ただ、無知だったわたしたちは、あのとき本当にこんな大きな契約をしなくてはいけなかったのか、もう少し真剣に考えるべきではなかったのかと、時々ふと考えます。

夫が復調して新しい会社に就職できたらきっと給料もさがるでしょうし、長男も幼稚園に入る頃なので、もう一度保険の見直しを考えたいと思っています。

わたしの分は十分な給付をいただいているので、夫と長男の学資保険について見直すつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です