相続対策、節税、貯蓄もできる終身保険のメリット

終身保険というと、自分が死亡した時に家族に保険金が支払われるもの、という認識の方が多いと思います。

もちろん、その認識は合っていますが、それだけではない、たくさんのメリットがある金融商品であることを、みなさんは正しく理解していますか?

終身保険での貯蓄をオススメする理由とは?

そもそも、終身保険って貯蓄に向いてるの?

貯蓄をするのに終身保険を利用する理由ってなんなの?という疑問が出てきませんか。

それに貯蓄を始めるはいいけど、最終的にお金が貯まってなかったら、貯蓄したとは言えないんですよね。

終身保険は、途中で解約するとまとまった解約返戻金が受けとれますが、短期で解約した場合は、支払った保険料の総額より少ない返戻金となってしまいます。

終身保険は途中でやめると損になる、だから続けられる、お金が貯められる(=貯蓄)と言えるのです。

つまり、終身保険は途中で辞めにくく、結果的に貯蓄が出来る仕組みが出来ているので、オススメなのです。

終身保険で貯蓄するメリット

では次に、終身保険で貯蓄するメリットについてご紹介したいと思います。

・終身保険は一生涯の保険なので、どんな形であれ必ずお金を受け取れる保険です。

つまり、損をしないのです。

・保険料の払い込みが終わるまでは、保険料が定額なので計画が立てやすく、将来保険料が上がる心配もなく、無理なく続けることができます。

・払込満了後は返戻率が高く設定されているので、期間が長くなればなるほど貯蓄率が高くなります。

・死亡保険金として受取った場合は相続税となりますが、他の税金より控除が多いので、高額でなければ課税対象になる事は、ほぼありません。

つまり、手元に残るお金が多くなるのです。

・保険料の払い込みが終わるまでは、保険料が定額なので計画が立てやすく、将来保険料が上がる心配もなく、無理なく続けることができます。

・払込満了後は返戻率が高く設定されているので、期間が長くなればなるほど貯蓄率が高くなります。

・死亡保険金として受取った場合は相続税となりますが、他の税金より控除が多いので、高額でなければ課税対象になる事は、ほぼありません。

つまり、手元に残るお金が多くなるのです。

【メリット1:銀行よりも利率が良い】

今の日本は人口減少、高齢化社会の影響により経済成長が難しく、金利は下がる一方です。

今後上昇の見込みは、ほぼありません。

銀行の今の普通預金の金利も、わずか0.001%前後です。

単純計算ですと、1千万円預けて100円の利息にしかなりません。

これでは貯蓄に向いているとは言えません。

ところが、終身保険の利率は銀行よりはるかに高く、0.3~0.8%前後となっています。

ではなぜ、同じ金融商品なのにこんなに違いが出るのでしょうか。

保険会社は将来の保険金(死亡保険金や満期金など)の支払いにあてるため、契約者から集めた保険料の一部を積み立てていき、契約者に有利になるよう(約束した保険金を払えるよう)がんばって運用しています。

その運用によって利率が決まるのですが、運用は長期になるにつれ増加する特性があり、継続的な運用を続けているため、銀行よりも高い利率となっているのです。

そして保険の中でも一番高い利率の保険が終身保険です。

これが銀行よりも高い利率の終身保険をオススメする理由です。

【メリット2:ほとんど強制的に貯蓄ができる】

貯蓄をしたいという気持ちはあっても、継続して続けられる自信がない、という人もいますよね。

たとえば銀行預金の貯蓄の場合、お金が必要になった時に、簡単に下ろせてしまえるので、結果的に貯蓄が出来なかった、という事態になりがちです。

ところが保険の場合、解約となると解約の手続が発生しますので、いつでも気軽に解約というわけにはいきません。

保険料も銀行引き落としで自動的に徴収されるため、強制的に貯蓄が出来るのです。

ほとんど強制的に貯蓄が出来るので、終身保険であれば、継続して続けられる自身がない人でも、貯蓄をすることが出来ると言えるのです。

【メリット3:生命保険料控除の対象となるので、節税にもなる】

また、生命保険には生命保険料控除、という税制優遇制度があります。

これは、1年間に払い込んだ生命保険料のうち、生命保険料控除に当てはまる金額が、所得から差し引かれることで課税対象から外れ、結果として所得税や住民税が安くなり、節税になります。

なぜこのような制度があるかというと、社会保障だけに頼らず、保険料を負担して自助努力をしていることを考慮し、税金の負担を軽くしましょう、という国の措置なのです。

貯蓄性の高い終身保険で貯蓄も出来、かつ税の控除も受けられるのですから、大変お得です。

保険はもともと保障の為の制度ですが、保険だけに適用される優遇制度や保険特有の仕組みにより、終身保険は大変魅力的な商品となっています。

また、終身保険は相続対策としての活用価値もあります。

貯蓄の面だけでなく、死亡保険金でお金を受取った時の税の優遇もあるのです。

終身保険にこれだけのメリットがあることをご存知でしたか?

これまで終身保険に抱いていたイメージが変わりませんか?

保険という見方ではなく、貯蓄商品のひとつとして終身保険を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です